虫食いマクベス / Caterpillar-eaten Macbeth

虫食いマクベス01HP
2006
“Caterpillar-eaten Macbeth”
(Mushikui Macbeth)
Materials: A paper book of Macbeth, Caterpillar-eaten leaves/Size: Variable/Form: Mixed Media

 

見上げた空は穴だらけだった。
そこから見える青は、いつもと違う青。
虫が生きる活動によって穴をあけた葉。
拾っては本に挟み、拾っては本に挟む。
その隙間から見えた世界は、いつもと違う世界。
世の中の虫食いは、いつも、違う世界を見せてくれる。

 

虫食いマクベス02HP

虫食いマクベス03HP

ある初夏の日。
一本の桜の木が立っていた。
青々と茂る葉は毛虫達に食われて、空に穴をあけている。

足下に落ちている虫食いの葉を、戯曲「マクベス」のページに一枚一枚挟み、
全てのページに挟まれた葉の、虫食い穴から見えた文字だけを集め、新しいテキストとして編集した。
その文章はすでに文脈を無くし、音のみが存在している。

One summer day, I had picked up caterpillar-eaten leaves underfoot one by one and then put each of the leaves between pages by pages of the William Shakespeare’s play “Macbeth” and compile a long sentence with the letters only which you can see through the caterpillar-eaten holes on the leaves, wherein there is no contexts any more but only sounds of the combined letters left.

 

 

 

←WORKS

Copyright © 2015 Hazuki Katagai All Rights Reserved.